• 現地集合型/内定者研修
  • TOP

新聞を活用した伝える力養成研修

新聞を活用した伝える力養成研修

最近課題視されている文章作成能力を、文章のプロによる「元・新聞記者」の講義で、実践に役立つスキルを身につけていただきます。課題作成や継続的フォローにより、ロジックな考え方の習慣化にもつながります。

パンフレットはこちら

講座のポイント

  1. 実践的なプログラム
    新聞社と企業研修のプロが構成した研修メニュー
  2. 新聞を教材に「考える」「伝える」「読む」「書く」力を磨く
    期間中、受講生へ読売新聞を毎日お届け。様々な手法で社会人基礎力を学びます
  3. 講座以外でも受講生との双方向性を重視
    文章のプロによるレポート課題の添削などを行います
講座の内容(各2時間)
1ヶ月目 2021年11月10日(水)
14:00~16:00

「時代の流れを読む」
新聞(教材)の読み方を知り、社会人生活に必要な想定力を養います。

「演習:正しい日本語を意識する」
日本語検定練習問題や、誤りやすい表現に関するクイズに挑戦します。

2ヶ月目 2021年12月1日(水)
14:00~16:00

「コンプライアンス講座」
企業不祥事の記事を題材に、トラブルの芽を摘む意識を養います。
不祥事の共通項を考えるディスカッションを予定しています。

「フェイクニュースに踊らされるな」
SNS等の情報リテラシーについて考えます。

3ヶ月目 2022年1月12日(水)
14:00~16:00

「相手に伝える、文章の書き方」
商品説明や企画書、報告書、ニュースリリース作成につながる「伝わる文章」の基本を学びます。

「演習:リリースを作ってみよう」
情報収集や情報トリアージ(情報の取捨選択)を体験します。

課題について

課題①:時事問題に関するチェックテスト
新聞(教材)から出題した問題を、定期的(月2回程度)に配信します。

課題②:記事レポート
新聞記事を題材にしたレポートを書いていただきます。
元新聞記者・文章のプロが添削しフィードバックします。

※受講者とのやり取りについては、貴社担当の方と情報共有させていただきます。

参加方法について

この研修はオンラインで行います

WEB会議システムZoomを使用します。
機材(パソコン・WEBカメラとマイク)のご準備と、事前にZoomのインストールをお願いします。
※カメラONでご参加ください。
研修では、投票機能やグループワークも使用し活発に発言をしていただきます。

テキストについて

研修で使用するテキストについては、開催の5営業日前までに貴社担当の方へデータで送らせていただきます。
出力いただき受講者様へ共有をお願いいたします。

受講料

1人あたり\33,000(税込)
-定員50名-

お支払いについて

11月初回講座実施後に、受講料¥33,000(税込)をご請求させていただきます。

申込締切

10/29(金)17:00 左記以降のお申し込み希望についてはご相談ください。
※内定者確定前の仮約束(おおよその人数)も可能です。

申込み方法

フォームからご入力のうえお申し込みください。

パンフレットはこちら

このページの一番上に戻る

このページの一番上に戻る